ブライス・ヤング – Following the Fall Line – サーフィンフィルム

「Following the Fall Line」は、ブライス・ヤングと、彼自身の旅にインスピレーションを与えてくれた人々のポートレートです。このフィルムは、needessentialsがプロデュースし、マイロ・イングリスが編集しました。フィルムは、ブライス・ヤングのユニークなサーフィンとスケートボードの才能を紹介するだけでなく、彼の波や地形に対するクリエイティブなアプローチに影響を与えた要因についても深く理解させてくれます。

この作品は、1977年の映画『フォール・ライン』で探求されたコンセプトを受け継ぎ、撮影監督のティ・ディアトン=ヤング、マイロ・イングリス、ゲイブ・ロクスバーグが、ブライスが置かれた環境やコミュニティが、彼のクリエイティブな生き方にどのように影響を与えるかを見事に捉えています。映画のナレーションでは、ブライスはティ・ディートン=ヤング、ナット・ヤング、ライアン・バーチ、ローリー・タウナーの才能が、彼の成長においてどれだけ形成的な役割を果たしたかを説明しています。

さらに、多彩なサウンドトラックには、Huun Huur Tu、Dorothy Ashby、William Onyebor、Mick Turner、Terry Riley、Fenua、William Tyler、Donny & Joe Emerson、Goanna、JJ Caleなどがフィーチャーされており、この映画はブライス・ヤングが自身のフォールラインを辿る姿を見事に描いています。

(85)